【レビュー】仕事2.0 人生100年時代の変身力

2019年6月5日

オススメ度:★★★★☆

本日はこの本、「仕事2.0」の紹介です。

この本では、これからの新しい働き方について様々な角度から解説されています。

周知のとおり、終身雇用という時代は終わりました。人生100年時代と呼ばれる現代を会社に依存することなく、個人の力で生き抜く方法などが綴られています。

本書の中ででてくる落合陽一さんの言葉で、「ワーク・ライフ・バランスなどクソくらえ」というのは非常に共感できましたね(笑)

これからは「ワーク・アズ・ライフ」の時代だそうです。仕事と余暇を切り分けようとする動きが強いですが、仕事でもそれ以外でも人生価値を高めていけるような生活をしたい僕はこっちの言葉の方があってますね。公私混同と言うと聞こえは悪いのかもしれませんが、ようはやりようだと思います。

また、日本人は大人になると勉強しなくなるという内容がありましたが、これは本当にその通りだなぁと思います。僕が好きなブロガーのイケハヤさんも言っていましたが、日本人の大人の1日の平均勉強時間は6分だそうです(笑)

これはなかなか酷いですよね・・・

まぁこれは全く勉強していない人が大勢いるからですが、それにしても酷い。

テクノロジーの進化が著しい今の世の中では、社会の流れについていけないと会社にしがみつくしかない人生になってしまいます。

そんな残念な未来にならないためにも、みなさん勉強しましょう。1日1時間やるだけでも周りと大きな差をつけられると思います。僕自身も改めてそう感じました。

この本を読むことで、これからの働き方を再考するいいきっかけになるのではないでしょうか。

気になる方は下のリンクから是非チェックしてみてください。

by カエレバ