【レビュー】ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿

2019年6月5日

オススメ度:★★★★☆

今回はこちら、ブロックチェーン・ゲームです。

今では老若男女問わずスマホでゲームをする時代になりました。この作品では、そんなスマホゲームとブロックチェーン(仮想通貨で使われている技術)をつなぎ合わせ、新しいゲームの発表からそれに関連して起こる事件を描いています。

ブロックチェーンゲーム自体はすでにリリースされているものもありますが、この作品にでてくるような、万人受けし、プレイするハードルが低いものは現状まだないのではないでしょうか。

ゲームのアイテムや通貨などを実際のお金と交換するRMT(リアルマネートレード)は、昔から扱いが難しく、公認となっているゲームはほぼなかったと思います。

近い将来、この作品にでてくるようなゲームはでてくると思います。今でもゲーム実況やeスポーツで稼いでる人は大勢いますが、本当にゲームで食べていくなんてことも当たり前の世界になっていくのかなぁと思いました。

結構専門用語も多くでてくるので、IT知識がある程度ないと読みにくいと感じる部分もあると思います。が、実際にこんなゲームがあったらやってみたいなぁと思い、わくわくしながら読める作品でした。

また、実際に起こったIT事件についても記載されているので、これはこれで勉強にもなります。主に記載されているのは以下の事件です。

  • マウントゴックスやコインチェックの仮想通貨流出事件
  • コインハイブ事件とジョーク系スクリプト事件
  • オンラインサロンとブロガー刺殺事件 …etc

スマホゲームやブロックチェーン技術に興味がある方は是非読んでほしい一冊です♪

by カエレバ